スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

Special Contents

ピオーネと巨峰 どちらがおすすめ?

2020.06.30

ピオーネと巨峰 どちらがおすすめ?

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

ピオーネと巨峰共通点。親子みたいな関係です。

赤・緑・黒と大きく3つに分けられるぶどうの品種の中でピオーネも巨峰も黒系統に分類されています。皮にポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれ、含有量が多いほど色が濃いそうです。
ピオーネは巨峰とカノンホールマスカットを交配させてできた品種なので巨峰らしさがあります。巨峰と同じく粒が大きく、ジューシーです。

何が違うの? フルーティなピオーネ、濃厚な巨峰

大きさはどちらも大きいですがピオーネの方が若干大きい傾向にあります。
ピオーネの味は強い甘みとさわやかな酸味ですっきりしていてフルーティでさわやかな味わいです。マスカット系の味が入っているので巨峰よりさわやかな味になっているようです。
一報巨峰はピオーネと同じく強い甘みとさわやかな酸味がありますが濃厚です。
どちらもおいしいという結論になります。

フルーティなピオーネの特徴

ピオーネの出回る時期は巨峰とほとんど一緒です。産地で差はありますがシーズンの始まりは早いところで6月頃から、またシーズンの終わりは遅いところで11月頃のようです。主な生産地は岡山県(約40%)、山梨県(約20%) 、長野県(約10%)と3県で全体の7割を生産しています。

濃厚な巨峰の特徴

巨峰の出回る時期はピオーネと同じくシーズンの始まりは早いところで6月頃から、またシーズンの終わりは遅いところで11月頃のようです。主な生産地は山梨県(約30%)、長野県(約30%)、福岡県(約10%)と3県で全体の7割近くを生産しています。

美味しいピオーネと巨峰の選び方:粒が大きくて濃いもの、、、

ピオーネと巨峰の違いが
①色が濃いもの:色は栄養が行き渡っているかを見定めるために重要な点です。
②軸が太く緑色のもの:軸が太い方がいっぱい栄養っが供給されている証拠です。
また茶色ではなく新鮮な緑色のものを選びましょう。
③粒が大きいもの:ふっくらと実が詰まっているものを選びましょう。
④皮に白い粉(ブルーム)が多く付いているもの:ブルームは鮮度を保つ働きがある他、
病原菌感染の予防の働きがあるとされています。一見カビにも見えますが食べてしまっても大丈夫です。

おすすめの食べ方:そのままとスムージー

もちろん冷蔵庫でちょっと冷やして軽く洗ってそのまま食べるのが一番ポピュラーですね。日本では皮をむいて食べるのが普通ですね。
ですが皮にすごく栄養が含まれているんです。ポリフェノールの一種のアントシアニンとよくカビと間違われるブルーム(白い粉)に含まれるオレアノール酸です。
アントシアニンには抗酸化作用があり生活習慣病の予防に効果があると言われています。またオレアノール酸には抗炎症作用、抗腫瘍活性などを持つ他、口腔内で虫歯や歯周病の原因となる病原菌の生育を抑制する効果があると言われています。
たかが皮、されど皮ですね。
皮と一緒に食べるおすすめの食べ方はスムージーです。バナナなどの他の果物と一緒に摂取すると皮の苦みも軽減されます。もちろんそのまま食べられるという方はそのまま皮ごとでもどうぞ。

食べてみましょう

シーズンになるとスーパーや果物屋さんに並びます。
こだわりの方はシーズン限定でネットでも販売しております。是非「地のものファーム」にアクセスしてください。
その他のお問い合わせは諸藤通商へご連絡ください。